支社長インタビュー

 

​共通の理念・チャンスを与え、信じる事・活気

​支社長にとって良い職場とはどんな職場ですか?

 私が考える「良い職場」について簡単にその考えを述べさせていただきたいと思います。

  一つ目は会社が経営理念を明確に示している事、その理念を社員全員が共感を持って、同じ想い、同じベクトルで仕事をしていること。

  二つ目は会社が「人の無限の知恵を信じている事」、「人はいろんなチャンスを与えることによって必ず成長する事を信じている事」、そのために社員にチャンスを与え、社員もまた自己啓発に努力できる環境が整っていること。

  三つ目は社内に活気があり、社員がものすごく活き活きと笑顔でコミュニケーションを行う事ができる社風があることだと思います。

そして社員が新しいことにチャレンジをして失敗したとしてもそれを評価してあげること、その失敗から学び改善に結びつけていけること。

そういう会社になるよう努力してお客様や地域社会に「良い会社だね」、

「この地域に根差しているね」と言われる地域一番の会社になりたいなと思いますね。

好奇心、向学心、行動力、熟考力を

持って欲しい

​支社長が社員に求める事はどんなことですか?

 まず社員に求めることは、今のこの激動の時代において、世の中で起こっている様々な事柄に対して、「なぜこういうことが起こっているのか?」という好奇心を常に持っていてもらいたい。

その上で物事が起こっている理由や原因を自ら調べ、自分の知識にしていくこと。つまり向学心を持ってもらいたいと思います。

 次に学んだことについて自分で確かめ、あるいは体験するという行動力を培ってほしいです。

 そしてもう一つ、行動したことが本当に正しかったのかとよく考える熟考力を磨いて欲しいですね。

まとめると好奇心、向学心、行動力、熟考力を持って欲しいという事です。

 そうそうもう一つ、一番忘れてほしくない事は笑顔、苦しい時こそ笑顔を忘れないでいてほしい。

そういった人材が多くなったら会社はハッピーだね。

勇気や若さあふれる柔軟な発想力に期待しています

<学生のみなさんへのメッセージ>

 リクルート活動をされている学生の皆さんへ私からメッセージを送るとすれば、まずは皆さんが入社を希望される会社の経営理念に、皆さん自身が共感を持てるかどうか、このことは非常に大切なことだと思います。

ですから是非、その会社の理念を確認する事をお勧めします。

 次に、私自身あるいはトヨタモビリティパーツ神奈川支社が学生の皆様に期待している事は、もちろん学校で身につけられた高度な知識もさることながら、それにも増して、失敗を恐れない勇気や若さあふれる柔軟な発想力に期待をしています。

 弊社はトヨタ販売店や部品商様を通じて、車の部品・用品の供給・販売を行い、お客様のカーライフを豊かなものにするために日々活動しています。

そのため、最適ロジスティックスの開発や自動車アフターマーケット市場を自ら創造するマーケティング活動を積極的に展開しています。

加えて、スマホショップやカー用品量販店ジェームスという日々仕事が刺激的な小売事業も運営しています。

 ですから、弊社はみなさんのような若さあふれるクリエイティブかつ行動力のある人材を常に求めています。

 必ずみなさんにふさわしい活躍の場がそこにあると信じています。

そして、弊社もみなさんの成長を必ずバックアップいたします。

人生の夢を弊社で実現してみたいという方を心からお待ちしています。

今後の事業推進に向けて

 

弊社は2020年の2月に創立50周年となります。

弊社の創立時のミッションは

  • トヨタ車に対して部品・用品を滞りなく供給すること

  • 部品・用品販売を通じて販売店様や部品商様の経営に貢献すること

この50年の歴史はこの2つのミッションを着実に実行することにより積み上げられてきたものです。

その50年の歴史において様々な苦難や荒波が会社を容赦なく襲ってきました。

しかしながら、その都度、先達は何物にもひるまない判断力・行動力・無限の知恵で危機を乗り越えてきました。そしてその苦難を乗り越えるたびに会社は強くなり、成長を遂げてきました。

先達のこうした血の滲むようなご努力に感謝するとともに、全社員は創業期の仕事への情熱やどんな苦難にも立ち向かうという勇気、気概を忘れてはならないと思います。

現在、私たち自動車産業に携わる者にとって経営環境はCASE(Connected、Autonomous、Shared、Electric)という言葉で表されるように著しく急激に変化しています。

こうした中、私たちトヨタモビリティパーツ神奈川支社は、従来の車の部品用品・IT機器(スマホ等)を供給し販売する会社から一歩も二歩も進化してお客様のライフスタイルを豊かにする事をサポートするソリューションプロバイディングカンパニーへ変革していく必要があると感じています。

そのように会社を変革するために会社で進めなければならないと考える方向性について3点に絞ってお話をしたいと思います。

 

1点目は、弊社は豊かなモビリティ社会が構築され運営されることによって更なる存在価値が生まれると思います。

よって、トヨタグループの一員として豊かなモビリティ社会を構築することに積極的に貢献していかなければなりません。

そのために従来の商品に加えた新しいモビリティサービスの在り方についても弊社として何ができるのかを検討していかなければなりません。

一方でトヨタ販売店がお客様に提供する車両販売やサービス提供への支援についての取組みは普遍であり、より一層強化するとの意を新たにしているところです。

2点目は、お客様のライフスタイルやニーズが非常に多様化している

現代において、これまでの不特定多数に対するマーケティングから、

お客様一人一人に寄り添ったOne to Oneのマーケティングに移行していくことが大切になると考えています。

 

3点目は、最適ロジスティックスの開発に取組んでいくという覚悟です。

モノをどう運ぶのか、どういう倉庫を作るのか、どういう手段を使うのか、商品を仕入れてからお届けするまでの流れ、これを最適なものにすることに取り組んでまいります。例えばテレマティックスなどの運行管理システムを活用してリードタイムをどれだけ短縮できるかに挑戦します。またそのことは地域の交通事情の改善や運送に携わるドライバーの方々の労働環境の改善にも結びつくと信じて推進してまいります。

 

以上3点に絞って申し上げましたけれども、新しいモビリティ社会の構築にトヨタモビリティパーツ神奈川支社が役立てるように会社の在り方を変革していきたいと思います。

武本圭二社長 ポートレート

​トヨタモビリティパーツ神奈川支社長

​武本 圭二

  • Facebook Social Icon